書評 日本酒の基礎知識

  • 2018.08.07 Tuesday
  • 12:44

 

 

味わい表現

 

特徴としては各銘柄に対して

 

「おすすめの飲み方」

□ ロック

□ 冷やして

□ 常温

□ ぬる燗

□ 熱燗

 

「香りと味わいのタイプ」

□ フルーティ

□ 淡麗辛口

□ 熟成タイプ

□ フレッシュ感がある

□ コクのある味わい

□ バランスのとれた味わい

 

というチェックボックス式の項目があること.

 

これだけだと味がわからないので,酒屋の推薦文が

ほのかな香り,爽やかな酸味,飲み飽きしない滋味,切れの良い後味が魅力の一本.

全体にキリッと締まってまとまりがあり,燗にしても味のバランスが変わらぬ酒質だ

というように添えられている.

 

 

後半の銘柄紹介は一般的な形式.

2010年と比較的最近の書籍らしく,味わいをきっちりレビューしている.

とくに口中感覚(引き締まる,切れるなど)の表現が多いのが特徴的.

 

 


面白いポイント

 

メタな読み方をすると,章ごとに味わい表現の文体や文の特性が変わっていたりして,

いろいろな人が書いたであろう味わい表現のバリエーションを楽しめる.

(たぶん普通に読んでいるぶんには気にならないレベルの差)

 

 

『日本酒の基礎知識』というタイトル通り,酒造りの手順や技術なども紹介.

単に技術の紹介だけでなく,いろいろな蔵の人が出てきて,インタビュー形式で進んだりする.

このあたりの蔵ごとのこだわりが読めるのは面白い.

 

 

銘柄紹介を地域や特定名称で並べることが多いが,

この本は「個性派」や「特別な日に」というように

味のタイプやシチュエーションで分類しているのは面白い.

 


総評

 

一冊を通して体系的な知識を,という感じの構成ではない.

 

ただ,雑誌のような読み方ができて,各章が面白い.

たぶん,著者が日本酒について「面白い」と思っていることをてんこ盛りにした感じ.

 

同社の「食の教科書」『〇〇の基礎知識』シリーズの中でも異質な感じで,

日本酒に関して面白いテーマのおもちゃ箱を真面目に作った感じがたまらない.

 

書評 厳選日本酒手帖

  • 2018.08.06 Monday
  • 12:21

 

 

 

 


味わい表現

 

新書版1Pで一つの蔵を紹介,各蔵3銘柄を紹介する.

蔵の紹介も入るので,銘柄ごとの味わい表現は少なく,1〜2文程度.

 

ただ,「すべりの良い辛口」のように著者独自の言葉遣いが面白い.

 

 


面白いポイント

 

英語の索引があり,各ページの銘柄名と紹介見出しに英訳がついている.

直訳ではなく外国人向けに言い換えられていて,

そこだけでも勉強になる

 

--

ところどころに入る「酒column」というコラムがおもしろい.

酒器やスパークリング日本酒,おつまみなど多彩な内容.

 

女性の著者らしい,と言っていいかはわからないが,「ししゃも塩麹」「干し柿とチーズ」

のように,簡単に作れそうでかつ美味しそうなものが並ぶ.

 

--

特定名称の説明を最後に持っていったり,

各ページの隅に「はみ出し用語辞典」を設けたりという工夫.

 

日本酒を難しくしたくない,でも説明をカットして読者を困らせたくない

という心遣いがとてもうれしい.

 

ほんとは用語辞典の索引もあればよかったけれど.

 

 

 

 


総評

 

銘柄の紹介本としては量ではなく質で攻める「読んでおもしろい」タイプの本.

各県1〜2蔵の紹介になっていて,ややこの手の本としては掲載数が少ないようにも思える.

 

ただメジャーどころが押さえられていて,コラムも面白いので最初の1冊にはいいかも.

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM